なぜ私は家事をするようになったのか?

私は当サイトの区分けで言うと、Aできるがやらないタイプでした。
18歳で親元を離れてから、途中同棲した時期を除いて結婚するまでの17年近く一人暮らしをしていました。
(同棲していたのは今の妻ではありません。)

 

子供の頃から料理はやっていましたし、一人暮らしをした時から家事の事でそれほど不自由はしたことがないです。

 

面倒くさいという事以外は。

 

だから結婚当初、妻も張り切って家事をやってくれていましたから本当に家事から開放されて最高でしたね。

 

でも1年を過ぎたあたりで、妻も仕事がとても忙しくなり家事を協力してやって欲しいとの申し出が。

 

最初は逃げてましたね。

 

スポンサードリンク

 

せめて週に何回かは料理をしてくれないか?と真剣に頼まれて料理をしたのです。

 

そしたら、泣いて喜ばれて。

 

その上ものすごく美味しいと。
何度も何度もありがとう!と言ってくれました。

 

それまで妻には一度も料理してやった事がなかったのですが、学生時代にアルバイトで調理していた事もあって料理は得意でした。

 

そこからです。

 

まずは料理に始まり、今では一通り妻と順番に家事はやっています。

 

特にローテーションは組んでいません。
あまりタイトにやると揉める原因になるので。

妻 喜ぶ 夫の手伝い

今でも妻は料理を作るたびに「おいしい!」と言ってくれますし、何かやるたびどんな小さな事でも「ありがとう!」と言ってくれます。
いつの間にか伝染して、私も「おいしい」「ありがとう!」を自然に言うようになりました。
これ、本当に大事ですよ。

 

まぁ、まんまと乗せられている、と言う事ですが、、、

 

お互い仕事の終わる時間が不定期なので、最近ではOisixを利用しています。

安心食材の宅配ならOisix

以前から食品の宅配サービスは利用していましたが、震災後Oisixに変えました。

 

色々なサービスを調べた結果、安全性の取り組みが一番しっかりしていると思ったからです。

 

ちなみにこのサイト「食品宅配サービス|有機野菜からネットスーパーまで」を見て決めました。
Oisix以外にも沢山同じ様なサービスが比較されていて選びやすかったです。

 

また利用する前は、Oisixって野菜専門と思っていたら、
結構何でも食材があるし、
毎週じゃなく隔週に変更もできるし、
携帯やスマホからも注文ができるし、
21時まで届けてもらえるし、
共働きには最適でした。

 

そして何より野菜が旨い!野菜だけじゃなく、牛乳までおいしいんです。

 

週に一回注文するので、メニューもその時考えるから、毎日の買い物いらず。
メニューで悩むのも週1で済みますし、第一遅くなってコンビニで買い物したりスーパーにギリギリに行って、慌てて買い物する時のムダ買いが無くなったので、結果的に家計の節約になっています。

 

何か食の事が長くなってしまってスミマセン。

 

勘の良い方ならお気づきの様に、私は料理するのは苦じゃないのですが、掃除、洗濯は今だに苦手です。

 

喧嘩もたまにしますし。

 

妻にうまくコントロールされて家事はこなしていますが、仕事が忙しい時など本当に嫌になる時があります。

 

でもそれは妻も同じ。

 

そう思って何とかやってます。

 

お陰で料理の腕も上がりましたし、レパートリーもかなり豊富になりました。

掃除道具も大切かも。

掃除も苦手でしたが、去年このサイト「スチーム掃除機.com|スチーム掃除機でラクしてキレイに!」をたまたま見つけてスチームモップを購入。
床掃除や畳の掃除、結構キツかったんですが、一気に楽になりました。

 

男って機械が好きな奴が多いので、案外こういう掃除道具で張り切ってやるようになるかも知れません。
少なくとも私はそうでしたよ。
単純ですね。

スポンサードリンク